葉真中顕のブログ

作家・葉真中顕/はまなかあき のお知らせブログです。


朝日新聞オピニオン欄。

ご無沙汰しております。
久々に露出があったので
ずっと放置プレイだったブログも更新。

生意気にも今日(4月23日)付の朝日新聞のオピニオン欄(!)耕論「団塊が老いる時」に登場しております。
『ロスト・ケア』のからみでインタビューを受けました。
f:id:akihamanaka:20140423121803j:plain

(耕論)団塊が老いる時 高林克日己さん、葉真中顕さん、森田麻里子さん:朝日新聞デジタル
webでも読めます(会員登録すれば)。


私の与太話はともかく、南相馬市臨床研修されたという若手医師、森田麻里子氏が語った内容は切実です。若い人の方が多く避難したため、結果的に高齢化が進んだ被災地の姿は、2025年以降の東京の姿かもしれません。


また、千葉大付属病院副委員長の高林克日己氏は尊厳死(事前指示)について、かなり踏み込んだ発言をされています。


尊厳死について、私は財源と結びついた議論がなされる状況での法制化は反対ですが、死の自己決定が尊重されるべきケースも多くあると思うので、強硬な反対論にも乗れない、という極めて中途半端な立場です。


ただ、この先、どんどん高齢化が進むことを考えると、そもそも「病院か在宅か」とか「延命か尊厳死か」とか、そういう選択肢さえ奪われてしまう人たちの、それこそ「尊厳」をどう守るかのほうが大きな問題かな、と。


なんつて。なんつて。
書き下ろしが遅れまくってて、偉そうに文化人活動してる場合じゃないわけですが(汗)
まあ売名も大事っつーことで。

今年の下半期以降、新作その他、いろいろと準備してます。
みなさまどうぞよろしく。