葉真中顕のブログ

作家・葉真中顕/はまなかあき のお知らせブログです。


大野更紗さんとの対談が「シノドス・ジャーナル」に掲載。

大野更紗さんとの対談が「シノドス・ジャーナル」に掲載されております。

「倫理の溶ける瞬間」は誰にでもある。 | SYNODOS -シノドス-


一昨年、名著『困ってるひと』で颯爽とデビューし、その後も精力的に活動を続けてらっしゃる大野さん。先月、対談やエッセイをまとめた新刊『さらさらさん』を上梓されました。

さらさらさん (一般書)

さらさらさん (一般書)


この対談は、新人作家どうし互いの刊行を記念して、というテイで行われたものです。

私自身、大野さん大ファンなので、このような機会で同席させていただくのは、光栄なんてもんじゃなくって、そう、彼女の言葉を借りるなら、まさに
アメイジング!
な出来事でした。


これまでも『ロスト・ケア』にからめたインタビューや対談は結構させていただいてますが、たぶん今回がもっとも踏み込んだ部分まで話をしてます。
ミステリー小説における「視点の吟味」と、介護をめぐる当事者性の関連など、小説好きの方にも読み応えのある内容じゃないかと思います。
ぜひ、ご一読を!


また、この対談の別バージョンがポプラ社のPR誌「asta」の5月号にも掲載されております。
http://www.poplarbeech.com/asta/007930.html
手に取る機会のある方は、こちらもどうぞよろしくです。